酵素ドリンク自作の方法

酵素ドリンクを自作する人も多いと思います。
ではどのようにして作るのでしょうか。
最初に材料を選びます。
店で売れらている酵素ドリンクは、たくさんの材料を使用していることが多いですが、自作の時は慣れるまでは一つの材料で作るほうが良いかもしれません。
そして容器を準備します。
その後材料を洗いますが、農薬などが気になる人は重曹に1分程度浸します。
その後材料を切ります。
野菜などは皮がついたままでも大丈夫です。
そして、砂糖と一緒に容器にいれます。
そして発酵が始まります。
日光が当たらない場所で、冷蔵庫には入れないようにする必要があります。
寒い日などはタオルを巻くなどして、36度ぐらいが発酵が進む目安になります。
そして酵素ドリンクは毎日かき混ぜます。
そして、発酵が進むと材料が浮いて泡が目立ってきます。
かき混ぜると、全体に泡が出て、こうなると完成になります。
使用する材料によって異なりますが、期間としては1~2週間が目安です。
最後にざるなどで濾します。
かすが気になるときは、ガーゼなどで濾すと良いです。
そして完成したものは、冷蔵庫で保管します。
常温で保管すると発酵が進んでしまいます。
このように酵素ドリンクは自作でも簡単です。